防災基礎講座
1.はじめに
2.災害誘因
3.河川洪水
4.内水氾濫
5.高潮
6.斜面崩壊
7.土石流・岩屑なだれ
8.地盤強震動
9.地盤液状化
10.津波
11.地震火災
12.火山噴火
13.火砕流・火山泥流
14.被害想定
セパレータ
TOPページに戻る
ご感想をおきかせください。

図2.12 火山の分布とプレート境界

  プレートが海溝から地球内部に沈み込み,深さ150kmほどのところに達すると岩石が融けてマグマが形成されます.マグマは周りの岩石よりも軽いので浮力により上昇し,地上に達して火山をつくります.沈み込みの角度はほぼ一様なので,火山は海溝に平行に連なって火山帯をつくります.最も海溝側の火山を連ねる線を火山フロントと呼びます.日本列島弧では,千島海溝・日本海溝・伊豆小笠原海溝に平行する東日本火山帯と琉球海溝に平行する西日本火山帯とがあります.いずれの火山も爆発的な噴火を行う性質のマグマを噴出します.活動的な火山は,中国ではわずかで,近畿と四国には分布しません.



(C)2009 独立行政法人 防災科学技術研究所自然災害情報室 ⇔ 防災基礎講座 ポータルサイトへ