防災基礎講座
1.はじめに
2.災害誘因
3.河川洪水
4.内水氾濫
5.高潮
6.斜面崩壊
7.土石流・岩屑なだれ
8.地盤強震動
9.地盤液状化
10.津波
11.地震火災
12.火山噴火
13.火砕流・火山泥流
14.被害想定
セパレータ
TOPページに戻る
ご感想をおきかせください。

図2.10 最大加速度の期待値

  これは1951年に作成された「河角マップ」と呼ばれているもので,1350年間の被害地震345についての各地の推定震度から,標準地盤での最大加速度の75年期待値を求めて,その分布を示したものです.その後,多くの同種マップが作成されています.この種の図では,最近発生した大きな地震の影響を大きく受け,その地域が過大に評価される可能性があります.


(C)2009 独立行政法人 防災科学技術研究所自然災害情報室 ⇔ 防災基礎講座 ポータルサイトへ