防災基礎講座
はじめに
セパレータ
関東平野の洪水
濃尾輪中の洪水
潟性平野の洪水
侵食性平野の洪水
扇状地平野の洪水
山地河川洪水
都市内水氾濫
土砂洪水複合災害
大阪湾高潮
伊勢湾高潮
ベンガル湾高潮
地盤強震動
地盤液状化
地震岩屑なだれ
三陸津波
チリ津波
地震火災
火砕流
火山泥流
火山体崩壊
地すべり・崩壊
冷夏災害
セパレータ
TOP頁に戻る

18.6 日本における巨大火砕流噴火および阿蘇カルデラ

  巨大火砕流噴火が起こったことを明瞭に示す地形(カルデラと火砕流台地の組み合わせ)は,北海道・東北北部および九州に分布します.橙色は火砕流到達範囲です.これらの噴火による火山灰は広域を覆い,地層の年代決定の手段を提供しています.南九州のシラス台地をつくった2.2万年前の噴火による火山灰は,東北北部でも5cmに及んでいます.
 阿蘇カルデラは,南北約25km,東西約17kmと大型です.カルデラ内に多くの人が住んでいるのは世界的に珍しいことです.このカルデラは,30万年前~7万年前の間における4回の大噴火によりつくられました.歴史時代の噴火は中央火口丘の一つの中岳に限られます.なお,米国イエローストーンカルデラの大きさは70km×45kmもあり,64万年前の超巨大噴火による噴出物は1,000立方kmという巨大量でした.


(C)2008 独立行政法人 防災科学技術研究所 自然災害情報室