防災基礎講座
はじめに
セパレータ
関東平野の洪水
濃尾輪中の洪水
潟性平野の洪水
侵食性平野の洪水
扇状地平野の洪水
山地河川洪水
都市内水氾濫
土砂洪水複合災害
大阪湾高潮
伊勢湾高潮
ベンガル湾高潮
地盤強震動
地盤液状化
地震岩屑なだれ
三陸津波
チリ津波
地震火災
火砕流
火山泥流
火山体崩壊
地すべり・崩壊
冷夏災害
セパレータ
TOP頁に戻る

13.3 液状化による地表面加速度の低下 (阪神・淡路大震災調査報告編集委員会,1998による)

 兵庫県南部地震時の神戸・ポートアイランド(神戸沖の埋立て人工島)における強震観測記録の例で,地下16mよりも上にある砂質層の液状化により,地表に到達した地震波の最大加速度がほぼ60%に減衰しています.


阪神・淡路大震災調査報告編集委員会(1998):阪神・淡路大震災調査報告,
共通編-2.


(C)2008 独立行政法人 防災科学技術研究所 自然災害情報室