防災基礎講座
はじめに
セパレータ
関東平野の洪水
濃尾輪中の洪水
潟性平野の洪水
侵食性平野の洪水
扇状地平野の洪水
山地河川洪水
都市内水氾濫
土砂洪水複合災害
大阪湾高潮
伊勢湾高潮
ベンガル湾高潮
地盤強震動
地盤液状化
地震岩屑なだれ
三陸津波
チリ津波
地震火災
火砕流
火山泥流
火山体崩壊
地すべり・崩壊
冷夏災害
セパレータ
TOP頁に戻る

12.9 メキシコ地震によるメキシコ市の被害と地盤条件 (応用地質株式会社,1986により作成)

 メキシコ市は市域の大半がかつての湖の地域に展開しています.左図は地形・地盤図で,1は火山岩,2は沖積層,3は湖に堆積した軟弱層で,その厚さを4で示します.括弧内の数値は1985年の地震のときの最大水平加速度(ガル)です.湖成の軟弱層の厚さが30mを超えるD地点では,最大加速度が火山岩域の4倍ほどになり,震動の卓越周期は,右の図に示すように,2秒と非常に長くなっています.



応用地質株式会社(1986):1985年9月19日メキシコ地震被害調査速報.

(C)2008 独立行政法人 防災科学技術研究所 自然災害情報室