防災基礎講座
はじめに
セパレータ
関東平野の洪水
濃尾輪中の洪水
潟性平野の洪水
侵食性平野の洪水
扇状地平野の洪水
山地河川洪水
都市内水氾濫
土砂洪水複合災害
大阪湾高潮
伊勢湾高潮
ベンガル湾高潮
地盤強震動
地盤液状化
地震岩屑なだれ
三陸津波
チリ津波
地震火災
火砕流
火山泥流
火山体崩壊
地すべり・崩壊
冷夏災害
セパレータ
TOP頁に戻る

2.1 台風17号による降雨量の分布

 台風17号は九州南西方海上で48時間ほど停滞したため,その右前方に螺旋状につらなる強雨帯も停滞して,ほぼ南北に伸びる強雨域が出現しました.やはり南北に伸びる長良川流域とこの強雨域とが重なったため,長良川では記録的な出水となりました.南方海上からの湿った気流がぶつかる紀伊・四国・九州の南東部山地で雨が特に多く,そこから北へと強雨域が伸びています.徳島県・日早における日雨量1,114mmは日本における最大記録です.降雨の総量は834億トンであり,これは日本の陸地全域に230mmの雨が降った場合の量に相当します. 


(C)2008 独立行政法人 防災科学技術研究所 自然災害情報室