インド洋津波ポータルサイト
 このポータルサイトでは、国際機関・海外の「インド洋スマトラ沖地震津波」関連サイトを紹介している。 2004年12月26日に発生したこの津波は、被災地域が多国に亘り、しかもその多くが開発途上国と重なるため、緊急援助・復興過程に協力する国、機関が多様な活動をしている。 例えば、貧困、人権、漁業、居住などに関わる国連機関、二国間援助機関、国際機関、及びNGOなどである。そこで、関連機関を次のように分類し、紹介する。
国連機関 : United Nations
 国際連合(UN)は、①信託統治理事会②安全保障理事会③総会④経済社会理事会⑤国際司法裁判所⑥事務局、の意思決定機関から構成されている。 津波災害援助復興関連としては、主に③④⑥の下部機関が活動している。③総会の下部としては、計画及び基金機関である、 UNEP、UNDP、UNICEF、UNHCR、WFP、UN-HABTAT、及びUNISDRなど、教育研究機関としてUNCRDが関わっている。 ④経済社会理事会の下部では、専門機関として、ILO、FAO、UNESCO、WHO、WBなどが活発に活動している。⑥事務局は、下部の部局として、OCHAを中心に様々なプロジェクトを行っている。
二国間援助機関 : Bilateral Organizations
先進国の開発援助機関よる開発途上国に対する支援。大まかに無償協力と有償協力(貸付)の枠組がある。 

国際機関 : International Organizations
多国間での活動を行っている自然災害に関する機関。組織が大きく、活動範囲が広いのが特徴。

大学関係 : Universities
海外の大学内の自然災害関連機関。津波に関する情報を公開している大学内機関を国別にまとめた。

日本国内における国際機関 : International Organizations in Japan
日本国内における自然災害及び防災に関する国際機関。

アジア地域における機関 : Organizations in Asia
アジア地域における自然災害及び防災に関する国際機関。

U.S.における機関 : Organizations in U.S.
アメリカにおける自然災害及び防災に関する機関。

NGO : Non Governmental Organizations
自然災害及び防災に関する非政府組織。

各国機関 : Each Countries' Organizations
各国における自然災害及び防災に関する機関。

その他 : Others


NIEDの取り組み : Contributions by NIED for Indian Ocean Earthquake - Tsunami
インド洋スマトラ沖地震津波に対するNIEDの取り組みの紹介。