ペン画集 避難から歸還迄(著:太田政之助)

はしがき「私は素人である.画家としての経験は,今年の春市内某新聞社へ2,3か月漫画記者としてその末席に座っただけ,そして四谷の或る印刷所の二階にくすぶっていると…」

このようなはしがきから始まる本画集は,筆者である報道画家 太田政之助が1923年9月5日に病気の夫人を連れて関西へ避難し,同年9月28日に東京へ帰るまでの1ヶ月を描いたものです. 特に地震発生の瞬間の様子は非常に臨場感があり,地震後火災前の東京市の様子は,写真にはあまり残されていない貴重な記録と言えます.

本文は見開きの右側が文章,左側が著者本人が描いたペン画という構成になっており,筆者の見聞が描かれています.

資料概要
  • 資料名:ン画集 避難から歸還迄
  • 著者:太田政之助
  • サイズ:186mm×268mm,全59頁
  • 発行:1923年11月28日
  • 全ページ一括ダウンロード:ペン画集 避難から歸還迄(PDF,9.63MB)
  • 目次:高解像度PDFを順次公開します.
    • 表紙・はしがき
    • 福田・山梨新舊戒厳司令官の更迭
    • お巡りさんに助けられた人
    • 地震の瞬間
    • 之れは大変
    • 電車道へ
    • 十二階が倒れた
    • 浅草
    • 九段坂上から見た火事
    • 電車の中も火攻め
    • 悲惨なる隅田川
    • 船まで呑まれて
    • 日本橋
    • 救助の手
    • 食糧の不足
    • 地方青年団の救援
    • ○○騒ぎと自警団
    • オゝ兵隊さん
    • 疲れ切ったお巡りさん
    • お濠の行水
    • 都をあとに落ち行く人々
    • 命がけの汽車
    • 屋根から屋根へ乗り移る女の群れ
    • 汽車で死ぬ人
    • 嬉しかった高崎市民の好意
    • 東京からの汽車を待つ人々
    • 見送って呉れる人
    • 何うして流言蜚語があの様に津々浦々へ響いたか?
    • 帰還・奥付
ペン画集 避難から帰還迄

クリックすると全ページ閲覧ができます(PDF,9.63MB).

関東大震災関連資料トップページ